技術研究所について

技術研究所について

所長挨拶

ご挨拶

五洋建設技術研究所は1967年に創設され、1994年に栃木県那須塩原市に移転して現在に至ります。五洋建設グループの使命は、「良質な社会インフラの建設こそが最大の社会貢献」と考えて、確かな安全と品質でお客様の信頼に応え、技術を以って社会に貢献することです。技術研究所はこの使命を果たすべく、これまでの50年を超える歩みの中、現場が抱える様々な課題を解決し、お客様のニーズを実現する数々の技術を世に送り出してきました。

 現在、少子高齢化や労働人口減少による影響が建設業界にも押し寄せており、建設業の担い手を確保・育成するための働き方改革と、それを実現するための生産性の向上が大きな課題となっています。これらの課題を解決するため、省力化・工業化・ロボット化工法の技術開発、ICTや人工知能(AI)の活用による情報化施工技術の開発、BIM/CIMの導入を推進し、生産性向上の実現に積極的に取り組んでまいります。

さらに大規模自然災害、高度成長期に集中的に整備されたインフラ老朽化問題、世界的な潮流となっている低炭素社会の実現など、解決すべき技術課題は多岐にわたっています。これからも、社会経済状況の変化やお客様のニーズを的確に捉え、期待を超える建設サービスが提供できるよう挑戦し続けていく所存です。

 

2018年12月

技術研究所長 水流正人

PAGE TOP