地域の皆様と共に

見出し1

CSR活動報告

2016年12月19日

地元の生き物観察会に参加

11月27日、 技術研究所の職員が“ジュニア生き物クラブ”の活動に参加しました。

“ジュニア生き物クラブ”は、子供達が身近な生き物に触れて観察したり、調べたりする活動を通じ、実体験から多様な生き物が生息する自然の大切さを学ぶことを目指して、那須地域の動植物専門家が毎月1回開催している活動です。

今回は「モグラの穴しらべ」の活動に、指導スタッフとして参加し、子供達と一緒にモグラのトンネルの掘り出し作業を行いました。その結果、約1時間の掘り出し作業で、縦5m×横15m程度の範囲内のモグラのトンネルとモグラの餌となる昆虫の幼虫やミミズなどを見つけることができました。

今回見つけたトンネルは深さ約10cmのところにある直径約5cmのクネクネと曲がったものでした。モグラは餌を探して右へ左へとトンネルを掘り進めるため、モグラの体と同程度の幅のトンネルがクネクネと縦横無尽にできあがるそうです。子供たちは点在するモグラ塚から掘り進めた餌用のトンネルが他のトンネルと合流する度に歓声をあげていました。

技術研究所のビオトープ(樹林エリア)にもモグラ塚がいくつもあります。那須地域で生息するモグラはアズマモグラという種類で、東日本に広く分布しています。普段は地中で生活するモグラの存在に中々気づきませんが、今回の活動によりモグラを身近に感じ、またモグラに対する理解を深めることができたと思います。

今後もこのような地元の皆さんとの活動を通じ、子供たちとともに地域の自然や動植物への理解を深めていきたいと思います。

 

“ジュニア生き物クラブ”ホームページ

http://shizenchousakai.sunnyday.jp/junia_shengki_wukurabu/youkoso.html

nov_1

活動前の注意事項説明

nov_2

掘り出し作業

nov_3

モグラのトンネル

地域の皆様とともに

CSR活動報告 最新記事

CSR活動報告
月別アーカイブ

PAGE TOP