地域の皆様と共に

見出し1

CSR活動報告

2018年11月27日

地元の生き物観察会に参加

9月23日、 “ジュニア生き物クラブ”の活動に参加しました。

“ジュニア生き物クラブ”は、子供達が生き物や自然に触れる体験から自然の大切さを学ぶことを目指して、那須地域の動植物専門家が毎月1回開催している活動です。クラブでは、毎年初夏に「水辺のいきもの」、夏に「セミのぬけがら」調査を実施しており、9月は「赤とんぼ」の調査を実施しています。毎年同時期に実施することで、地域の生物のモニタリングの役目も担っています。

9月の活動は「赤とんぼをさがそう」をテーマに、例年調査している2ヶ所で赤とんぼの調査を行いました。当社職員は指導スタッフとして子供達と一緒にトンボを採取した後、種類や雌雄の見分け方などを指導しました。

子供たちはルーペでトンボの特徴である翅(はね)や翅胸(しきょう。胸の一部)の模様、産卵管の有無から、種類や雌雄を判別し、集計しました。今年の調査では5種類156個体の赤とんぼが確認されました。

 

201809

 

赤とんぼは秋になると飛んでいるイメージの方が多いかと思います。しかしながら、実際には、赤とんぼの仲間は5~6月頃に田んぼや湿地で羽化しています。

では、秋までどこにいるのでしょうか?

実は、羽化後、涼しい高原へ移動し夏を過ごします。そして、秋になり成熟すると再び平地に戻り、繁殖をします。成熟した赤とんぼの体色は種類によって真っ赤ですが、成熟前の個体は茶色いため、目立ちにくいため、気づかない方も多いかと思います。

来年の初夏、ぜひ皆さんの身の回りに茶色いトンボが飛んでないか、探してみてください。

 

“ジュニア生き物クラブ”ホームページ

http://ikimonoclub.sunnyday.jp/junia_shengki_wukurabu/youkoso.html

地域の皆様とともに

CSR活動報告 最新記事

CSR活動報告
月別アーカイブ

PAGE TOP