研究施設

研究施設

水理実験棟

水理棟は、断面水槽と平面水槽の2つの実験設備を有しています。主に港湾構造物の設計・施工・維持管理に関わる実験を行っています。

断面水槽

断面水槽断面水槽

断面水槽(長さ50m×水路幅60cm×高さ1.5m)は、海底地形による波の変形や構造物設置による影響(反射、透過、越波、構造物に作用する力など)を断面的に計測・観察できる水槽です。海峡や河口域のような波と流れが共存する現象や、高波浪や長周期波、津波などが構造物に作用する現象など海域の複雑な現象を、単純なモデルにして再現することができます。

特徴

  • 規則波・不規則波のいずれにも対応可能
  • 長周期波も造波可能
  • 波・流れ共存場の実験が可能
  • 砂を用いた移動床実験が可能

実験用途

  • 防波堤や護岸の耐波浪実験
  • 耐津波構造物(津波防波堤、津波防潮堤)の性能実験
  • 有脚式構造物の耐波浪実験
  • 長周期波対策構造物の性能実験
  • 漂砂制御構造物の性能実験

津波再現実験津波再現実験

構造物の製造実験構造物の性能実験

平面水槽

平面水槽では、防波堤などの模型を使用して、海洋構造物の安定性や機能等の水理特性に関する実験や、実際の地形を再現して波の変形や港内の静穏度などを計測する実験などを行っています。我が国は四方を海に囲まれており、台風や地震の常襲地帯であるため、高波、高潮、津波等の危険に常にさらされています。また、今後は地球温暖化の影響も懸念され、このような厳しい自然条件から沿岸域を守ってくれる海岸構造物の安全性を平面的に検証することは重要であると考えています。

特徴

  • 国内最大級の平面水槽実験装置
  • 39枚の造波板によるスネーク型造波装置
  • 規則波、単方向不規則波・多方向不規則波の実験が可能
  • 砂を用いた移動床実験が可能

実験用途

  • 海岸・港湾構造物の平面レイアウト検討実験
  • 海岸・港湾周辺の海浜変形実験
  • 漂砂制御構造物の性能実験
  • 養浜効果検証実験
  • 船舶の動揺実験
  • 長周期波対策構造物の性能実験

造波状況造波状況

造波状況の見学(土木の日)造波状況の見学(土木の日)

PAGE TOP